大好きなハンガリーのチョコレート。

 24, 2017 14:28
「贈ってもらえたら幸せになれる!」チョコレート。

間違いなく、
これです。

Capture.jpg

このモニプラ企画に参加しようと思ったのも、
トップにあったこちらを見たから。

ハンガリー!
私の留学先で、半年ほど住んでいました。

無類のチョコレート好きの私は
ブダペスト行きが決まったとき、
ザッハトルテやチョコのウィーンや
ドイツを経由してベルギーも近い!
と思っていたのですが、
なんと、ハンガリーのチョコレート市場をなめていました。

ハンガリーは、
ホットチョコレート専門店がいたるところにあり、
熱々のチョコレートドリンクに、
スパイスやシナモン、
ボンボンやいろんなミルクを足して楽しむのです。

メニューの数にびっくり。

寒い夜に、
チョコレートの香りがいっぱいの
ろうそくが灯された店内で
ゆっくりホットチョコレートを飲む…
そんな素敵な時間を過ごしていました。

もちろん、板チョコをはじめ、
マジパンのチョコがけや
ショートブレッドのチョココーティングなど
チョコレート系のお菓子も充実していて、
たくさんのチョコレートに出会った期間でもありました。

なので、
ハンガリーのチョコレートを贈られたら、
美しいブダペストの街並みと、
あの幸せなホットチョコレートの香りと
たくさんの仲間に出会えた留学期間を思い出して
とっても幸せな気持ちになることでしょう…

そしてこちら、
アーモンドブロンドも美味しそう…。
ブロンドチョコ、日本ではあまり見かけませんが
大好きなフレーバーです。

ホワイトでもナッツでもない、キャラメルでもない
なんともいえない香ばしさが本当におすすめです。

チョコミー、当選したら
ハンガリーの魅力とともに
もっともっとたくさんの人にご紹介したいです。

チョコレートバイヤーみりオススメ!大人気”チョコミー” 10名さま ←参加中

織 Cacao Fusion-カカオフュージョン-

 06, 2017 21:57
この度、メリーチョコレートさんから、全く新しい'考え方'のチョコレートが誕生したそうです。

'考え方'という部分が気になりますね…!

そんなチョコレートの
先行モニターに当選いたしました♡



高級そうなパッケージに入ったこちら、
その名も
「織 カカオフュージョン」

なんと、
「伝統的なカカオ豆の発酵」と
「日本の発酵文化」が織りなすチョコレートだそうです。
そう、
発酵にこだわったチョコレートなのです。

チョコレート大好きな私、
いろんなチョコレートを食べてきておりますが、発酵という考え方は確かに珍しい!

シリーズとしては、
3つの異なる発酵方法によって味に違いを出している3種類のチョコレート。

Smokeyの燻、
Fruit & Herbの香、
Sake Koujiの麹

です。
カカオ豆は全てインドネシア産だそうです。

色も若干違いますね。




ここからは、それぞれの公式説明とともに味の感想です。

◆燻 Smoky Natural
「燻」は、インドネシア現地で行われている発酵方法で行ったもの。
インドネシアで一般的に行われている発酵過程を経たカカオ豆を低温ローストにより味わいを際立出せるよう工夫しました。重厚感のある力強いカカオ感と燻したような香りをあわせもつ、深い味わいです。

◇感想
確かに、深い香りがしました。
3つの中では一番ビターで大人っぽく、甘さはほぼなし。重厚感を出すための工夫がとても感じられました。

後味が燻した感じというか、若干の苦味もあり、濃いめのチョコレート好きな私にはぴったりでした。


◆香 Fruit & Herb Lime & Kemangi
「香」は、原産地の植物を選び、味わいや香りの意図的な方向性をもって発酵作業を行ったもの。
インドネシアの農家で栽培されているハーブとライムをカカオ豆と一緒に発酵
させました。それぞれの特徴が絡み合いながら発酵することにより、独特の香り
を生み出しました。ほのかな酸味が感じられ、まるでエスニック料理のように爽やかな香りをお楽しみいただけます。

◇感想
エスニック系のものが好きなので、期待しました。独特の香りはしますが、味はそこまでエスニック主張は強くありません。
今まで食べたことのない、不思議な風味が鼻に抜けるチョコレートでした。
説明の通り、甘みより酸味が強く、フルーツと聞いてフルーティーさを想像していたので、LimeとKemangiと聞いて納得しました。
甘いフルーティなチョコレート好きには、驚く味かもしれません。しつこくないし、スパイシーでもないけれど、エスニック。


◆麹 Japanese Komekoji & Sakekasu
「麹」は、まさに日本酒の米麹でカカオを発酵させたものです。
カカオ豆を発酵させる際に、日本酒用の米麹と酒粕を加えて、今までにない発酵環境を作りました。カカオ豆の発酵に日本古来の発酵方法を融合させることで、日本
独特のコクと香りを引き出すことに成功。日本酒のような香りとほのかな味わいを感じる驚きのチョコレートです。

◇感想
こちらが一番、独特の味がしました。
「和」とテイストが出ています。
甘くもなく、ビターでもない。後味に、日本酒のような風味がふわりとしますが、強すぎずあと引きます。
印象に残りにくい分、もうひとつ…!となるチョコレートでした。
コクはありますが、最も好き嫌いは別れそうです。

どれも、かなり大人っぽいチョコレートですね。
個人的には、洋酒より日本酒に合いました。

薄いから上品さもあって
いろんな形で可愛い印象のあるメリーチョコレートさんの中では高級感もあって大人っぽいラインアップですね。

ちょっとした大人のお土産にも使えそうです。


ひとつずつゆっくりいただきました。

ありがとうございました!

メリーチョコレートファンサイト参加中

Bean to Bar

 10, 2017 22:16


最近はやりの、
Bean To Barご存知ですか?

その名のとおり、カカオ豆からチョコレートバーになるまでのことですが、豆の品質や産地、製造法にまでこだわる企業さんが増えているのだそう。

高級チョコレートのカカオティエさんだけでなく、身近なメーカーさんまで。

有名どころでいうと、例えば明治THEチョコレート。


先日、新商品も含めてた全種類をいただきました!







それぞれに個性がありやはりこれがビーントゥバーの魅力。

カカオ豆の産地による香りや味の違いがふんだんに生きております。

まろやかだったり、フルーティーだったり、ビターなのに香りがしたり…
全部違った感動がありました。


さて、そんなビーントゥバーを行なっているチョコレートメーカーさんがもうひとつ。
みなさまおなじみのメリーチョコレートです。


このたび、全く新しいチョコレートという「カカオフュージョン」のモニターに応募させていただきました。

メリーチョコレートさんは、カカオ豆になる前段階の「発酵」に注目した商品を発売したそうです!

カカオ豆を「発酵」?!と不思議に思い調べてみると、この発酵がチョコレートの味わいそのものに大きな影響を与えるそうです。


ここからはメリーチョコレートさんのページを抜粋した説明なのですが、
通常のチョコレートはチョコレートになった状態からお酒やフレーバーを混ぜ合わせて、味わいを作っていくそうです。

ところが、この発酵段階で発酵方法を変えると、そこで味わいに差が出てくるらしく…

つまり、チョコレートになる前から、味わいが変わる、ということ!


うーん、すごくよくわかる説明だし、レアであることはわかるのですが、味は全く想像できません!!


チョコレート大好き、
とにかくいろんなチョコを食べて生きていますが、発酵に着目したチョコは新しいですね。


ぜひモニターして、そのよさや違いをレポートできたらいいなーと思います。


チョコレートのディープな世界へようこそ♪カカオフュージョンのモニター大募集! ←参加中

今年もバレンタインが近づいてきましたね~!
はやい…
クリスマスが終わると、
ケーキ屋さんがすぐバレンタイン準備にとりかかる意味がわかります。

いつもお世話になっているモニプラの
株式会社フェリシモさんの企画に応募させていただいています。

フェリシモさん専属のバイヤーさんが、毎年世界各国から買い付けたチョコレートを購入できる、
『幸福のチョコレート』の『バレンタインお届け』。
今年は日本初上陸ブランド14社を含む17ヶ国から約154種類が揃っているそうです。

さっそく覗いてみました✦
幸福のチョコレート

写真付きで、説明もわかりやすいです!
可愛い箱や色のものから、
大人っぽいリキュール系やダークなものまで様々。

無題

この一番下のカナダメープルガナッシュチョコ
とっても気になる!と思ったら、さすが、すでに売り切れでした…

各商品をクリックすると、
お店の写真や原材料のこだわりまで
詳細な情報を見ることができます。
見ているだけで楽しいですね♪

さてさて、私も無類のチョコレート好き…
年中チョコレート食べてます。
バレンタイン時期となると、
好きなショコラティエやケーキ屋さんはもちろんのこと
市内の百貨店のバレンタインイベントは制覇します。
悩みに悩んで、買うのが楽しいですよ!

誰に贈るか、も大切ですが、
もともとバレンタインは女性が男性から気持ちを受け取るイベントですし…笑
これだけチョコレートが買える期間ないのですから、
好きなチョコレートを、好きな人たちと食べるイベントとして認識しています。
家族それぞれ買ってきて、みんなで分け合う、そんな感じです。

さて、私が幸福のチョコレートから買うとしたら…
これです!!!!
コントワ ドゥ カカオ アソートボックス

無題


パリのお店だそうです。
1粒1粒綺麗に並んでいるのもいいですが、
こんなおしゃれな木箱を開けたら、
チョコレートがたっくさん詰まっているのも予想外で、
見るだけで幸せな気持ちになるはず♡

個人的にボリュームも重視しているので、
これはとっても珍しくておしゃれなのに
満足度も高そうです。

来週あたりからイベントがはじまるお店や百貨店もあるので
正月太りを早めに解消して(笑)
チョコレート選びと試食を楽しみま~す!笑


チョコレートバイヤーみりオススメ! テオ ブロム シークレット エクケール・5名 ←参加中

チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!

大切な人に贈りたいチョコ。

 17, 2016 12:50

今年もバレンタインが近づいてきましたね。
無類のチョコレート好きな私、
バレンタイン関係なく、
年中チョコレートは消費してます笑

人にあげるチョコレート、
学生の頃から、作ってましたね。
クッキー、フォンダンショコラ(失敗)
生チョコ…いろいろやったな
昨年は、日本酒トリュフをつくりました。

今回フェリシモさんの、
ネギュスチョコレートキャンディーモニターに応募させていただき、
バイヤーみのりさんおすすめのチョコレートたちをサイト上で拝見しました。
作るのも楽しいけれど、
バレンタインにあやかって、
世界の高級チョコを買ってみるのもいいかもしれないですね♪

私が一番気になったのは…
ゲルノンダルトワーズ
フランス西部、ロワール地方にある
アンジェという小さな町の老舗ショコラトリーが生んだ名物で、
青い色をしているチョコだそうです。
この町の家々の瓦が青い色から、
チョコも青くしたそうです。
聞くだけでお洒落〜!

義理だろうが本命だろうが、
せっかくチョコをプレゼントするなら、
それをきっかけに会話が生まれた方がいいですよね!
美味しかった!なんてありきたりな言葉より、
どこのチョコレートなの?!
なんでこんな色なの?!
と驚いてもらったほうが嬉しいし、
チョコレート好きと知られているからこそ、
少し変わったものお渡しするのもポイントになりそうです。

いろんなチョコレートが掲載されているので、
バレンタイン前にぜひ、チェックしてみてください!

幸福のチョコレート
チョコレートバイヤーみりの世界の果てまでチョコレート!


第1弾バイヤーみりオススメ!レア度レジェンド級★ネギュス チョコキャンディー3名 ←参加中

WHAT'S NEW?